副業するなら投資用ワンルームマンションがおすすめ

レディ

商業施設投資を少額で行う

女性

少額から不動産投資可能

不動産投資を行おうとすると、通常は数千万の資金が必要です。住宅ローンなどを利用して資産を経て、家賃収入などを得ます。最初の方は家賃がうまく得られることもありますが、物件が古くなれば運営も難しくなります。将来的にはどんどん収入が減ることもあるので、リスクも大きくなります。そんな中で、比較的少ない資金で不動産投資が行えるのがみんなで大家さんと呼ばれる商品です。こちらの場合、自分で一人で不動産に投資するわけではありません。ファンドに近い商品ですが、REITなどよりも利回りが高く同じとは言えないでしょう。1口100万円からですから、少し資産があれば始めることが可能です。みんなで大家さんはマンション投資などのように、長期的に保有する必要はありません。

商業施設の不動産投資

マンション経営では、入居者は個人になります。一般人が借主なので、立地などが入居率に影響する場合があります。商業施設の場合、その施設の価値が高ければ利用者は多くなります。常に何らかのテナントが入り続けているようなところもあるので、マンションなどよりも効率よく賃貸運営ができるかもしれません。新しいタイプの投資商品として、みんなで大家さんがあります。不動産賃貸を行うファンド形式になっていて、みんなで大家さんでは主に商業施設に投資ができます。そのために、安定した収入が得られる可能性があります。賃料も、一般の個人よりも高く設定することが出来るので、その分収入も多くなります。収入が多くなれば、分配率も良くなり、利回りも高くなります。